Monthly Archives: 11月 2012

You are browsing the site archives by month.

白石和紙の「かくれんぼ」

本日は、「杜のことこと家」の壁に飾られている1枚の木版画をご紹介します。

仙台在住の木版画家「阿部笙子(あべしょうこ)」さんの「かくれんぼ」

これは、仙台在住の木版画家「阿部笙子(あべしょうこ)」さんの
「かくれんぼ」という名前の作品です。

仙台在住の木版画家「阿部笙子(あべしょうこ)」さんの「かくれんぼ」2

日本中でも数のすくない、純楮生漉和紙として、
みちのくの風土の香をこめた白石和紙を使用しています。

白石和紙は、国宝修理用紙にも指定されているんですよ。

オフィシャルサイトには、作品紹介や白石和紙の詳しい説明が掲載されていますので
気になった方は、「阿部笙子」で検索してみてくださいね。

「杜のことこと家」に秋が訪れました

早いもので11月も半ばを迎えました。

夏場には清々しい程に緑色だった「杜のことこと家」の庭も、
季節が移り変わり、秋の気配が感じられるようになりました。

杜のことこと家の秋

そうそう、この場所。この場所なんです。

コーヒーを飲みながら、この囲炉裏の席から庭を眺めるのが、
私の一番のお気に入りなんです。

今日は時が経つのも忘れて、一日中 庭を眺めていようかなぁ…

「う~ん、憧れのスローライフ。」

と現実逃避したところで、そうは問屋が卸しません!

「いつまでスローライフごっこをやっているんだ!?」

「ひゃーっ!ボ、ボス!いつの間に!?はい!仕事に戻りま~す!」

(あれ?前にもこんな展開がありましたよね?ひょっとして、デジャブ!?)

そんなこんなで…

「杜のことこと家」の庭は四季折々、様々な風情ある景色が楽しめます。
冬はどんな景色を見せてくれるのか、今から楽しみです。

「全国だんごまつり」の吉報が舞い込んで来ました!

吉報が舞い込んで来ました!!

当店の栗だんご「栗久俚(くりくり)」が

全国の名物だんごが静岡県に集まる
「第6回 どまん中ふくろい 全国だんごまつりに出品され
販売開始から1時間15分で売り切れました。

その人気ぶりから、だんごまつり実行委員会からもお礼状を頂き、
また来年も出品のご依頼をいただきました。

第6回全国だんごまつり

感謝感激です!

2年連続で出品することが出来ただけでも嬉しかったのですが
来年も出品できるということで、とても光栄です。
このご縁をいつまでも大切にしていきたいと思います。

1年後の「全国だんごまつり」を、どうぞご期待ください!

※「1年も待てないよ!」という方は、こちらをクリック!

全国だんご祭りに遊びに行ってきました。

静岡県は厄除けだんごで有名な法多山・尊永寺で開催された
全国だんご祭りに遊びに行ってきました。

全国のご当地だんごが集まるこのお祭りになんと昨年に続き、
宮城県・鳴子温泉名物「栗だんご」栗久俚(くりくり) が出品されているのです。


第6回全国だんごまつりポスター

遠州三山である厄除観音 法多山のある袋井市は日本のまん中、東海道のまん中で、
古くから東西交流で賑わった場所です。
サッカーワールドカップが開催されたエコパスタジアムが近くにあり、
とってもご利益のありそうなお寺です。

約1300年の歴史があり、国の重要文化財である仁王門や、家康公お手植えの松などの
見所もたくさんあるのですが、今回は何と言っても一堂に会した全国のおだんご達です。

山へに向かう道すがらに、お目当てのだんごを買った方が袋をいくつも下げて山を下りて来ます。
さてお目当てのおだんごにたどり着けるのか、自然と歩みも早まります。
駐車場はどこもいっぱいそうで、参道道ももう大分賑わっています。

仁王門の前でも地元食材のお店が並んでいて徐々にお祭り気分が盛り上がります。
地元のトマトもだんご型で売られていました。

だんごまつりin法多山

到着してまずはお参り。
石段を登って観音様の所まで行けば、おだんごも美味しくなるはずです。

会場からとても長い行列が石段の途中まで出来ています。
これは縁日限定の法多山厄除だんごの列。流石です。
お参りをすませて会場に向かうと、もうどこのお店も大行列です。

だんごまつりの行列

だんごまつりの行列2

我らが「栗だんご」の列はどこでしょう?

ありました!!

黄色い栗だんごと書かれた看板を発見しました。
会場をぐるりと回り、120メートル程の列が出来ています。
案内の方に聞けば30~40分待ちとの事。なんと中々の健闘っぷりです。

後に聞いた話しでは、用意した分は全て完売したとの事。
楽しみにしていらっしゃった方には大変申し訳無かったです。

醤油味で、甘い栗をいれこんだ鳴子温泉名物の「栗だんご」は、
下の案内からも購入する事が出来ますので、是非とも見てみてください。

だんごまつりの行列3

栗だんごの行列の最後尾

会場では静岡県のB級グルメも味わう事ができます。

袋井市のたまごふわふわは、大変可愛い名前ですが、江戸時代からの名物料理で、
200年以上前に将軍家の食卓に出された記録も残ってるそうです。
甘いだんごの口休めに出汁と卵がぴったり合います。

会場ではおだんごにまつわる、イベントも多数開催されています。

厄除けだんごづくりが体験できる「だんごのがっこう」や、地元の大学生達による
「光る泥だんごつくり」や、オリジナルキャラクターのだんまる君のステッカーがもらえる
「スタンプラリー」等もあり、ご家族連れの方も楽しめて厄払いと一緒に心とお腹も満足できる
素敵なお祭りでした。

甘い物には目がないという方は来年是非、袋井市法多山の全国だんご祭りに
遊びに行かれてみてはいかがでしょうか。

だんごまつりで完売御礼の
宮城県・鳴子温泉名物
「栗だんご」栗久俚(くりくり)
は、好評販売中です。

ずんだ餅とのセットはお得な送料無料です。

「栗だんご」栗久俚(くりくり)