Monthly Archives: 2月 2014

You are browsing the site archives by month.

第10回「大堀鍋まつり」に行ってまいりました

みなさん、こんにちは。
うまい奥の細道の「ごっちゃん」です。

私の書くブログには「食」が欠かすことができません。
ということで、今回ももちろん「食」がキーワードです。

2月16日(日)に山形県最上町の大堀地区で開催された
第10回「大堀鍋まつり」に、妻と二人で行ってまいりました。

「鍋」が大好き、「まつり」も大好きな私にとって
うってつけのお祭りではないでしょうか。

源義経や松尾芭蕉ゆかりの地として知られる最上町。
いったいどんなお祭りが、私を待ち受けているのでしょうか。

私の地元、宮城県涌谷町の隣町にある小牛田駅から陸羽東線に乗って、
はるばる山形県最上町へ向かい、鍋まつり会場の最寄り駅、大堀駅で下車しました。

これが大堀駅です。雪深いですねぇ。
大堀駅

駅の中には「鍋まつり」のポスターが貼ってあったので
記念に1枚パシャリと撮影。

大堀地区鍋まつり

いやぁ、それにしても鍋のバリエーションが豊富ですね!

豚汁や牛肉のベコ鍋といった一般的な鍋の他に、
最上町で獲れたサクラマスの鍋、やまがた地鶏の鍋、熊の鍋や、
鹿肉の鍋などなど、ジビエ料理みたいな珍しい鍋の数々に俄然テンションが高まります!

芭蕉や義経も食べた鍋があるのかも?

駅から徒歩で5分くらいのところが会場です。

大堀地区鍋まつり会場

開場の10時30分に間に合うように、早めに行ったのですが
もう現地には行列が出来ており、ざっと1,000人くらいの入場者数だったと思います。

会場の入口には、手作りのピザ窯がありました。
それはそれは、豪快なピザ窯でした。
かなり並ばないと食べられない盛況ぶりでしたよ。

手作りのピザ窯

会場では、ソチオリンピックにちなんでいるのか、カーリングのゲームや、
子供たちによる伝統芸能のステージショーが行われて、その他にも餅つきが行われたり、
鍋まつり開場を盛り上げていました。

氷上カーリング

踊る子供たち

餅つきフィーバー!

ワッショ~~イ!
会場はすっかりお祭りムード!
お祭り男ごっちゃんの血が騒ぎます!

そうこうしているうちに、金色の蝶ネクタイをした
最上町教育委員会の尾形さんが、わざわざ出迎えてくれました。

蝶ネクタイの尾形さん

さぁ皆さんお待ちかね。いよいよ食べますよ!
ズラリと並んでいるのは、小国川で獲れた天然あゆの塩焼きです。

天然あゆの塩焼き

そして、鍋、鍋、鍋のオンパレード!

鍋!

鍋!鍋!

鍋!鍋!鍋!

鍋!鍋!鍋!鍋!

鍋!鍋!鍋!鍋!鍋!

鍋!鍋!鍋!鍋!鍋!

ほっかほっか鍋は絶品で、極太うどんと、すいとんが最高でした。

鍋!鍋!鍋!鍋!鍋!鍋!

なんだかんだで、全部の鍋を制覇しました。
なぁに、私には容易いことです。

一通り食べ終えた後は、会場を後にし、「大堀温泉もがみ」に行って、
食べ歩いてかいた汗を流しに露天風呂でリラックス、リラックス。

う~ん、いいお湯でした。
露天風呂からの眺めも良かったなぁ。

oobori-17

ひと風呂浴びた後、名残惜しいですがそろそろ帰宅のお時間です。

帰りは尾形さんに大堀駅まで送っていただきました。
ありがとうございました。

今回の鍋まつりでお世話になった、教育委員会の尾形さん、
町会議員の小林さん、やまがた地鶏研修会の菅さん、
アスパラ生産者の尾形さん、本当にありがとうございました。

そうそう、アスパラは最上町の特産品なんです。
春になったら皆さんにも、アスパラをご紹介できると思いますよ。

帰りは奥羽山脈を横切る形で、リゾート列車「みのり」に乗りました。

リゾート列車「みのり」

のどかな山間の風景や鳴子峡などの美しい景色を窓から眺めました。
まるで世界の車窓からの1シーンのようでした。

美しい雪景色

沿線には鳴子温泉など数多くの温泉が点在して、
芭蕉や政宗公ゆかりのスポットも多いことから、
「奥の細道湯けむりライン」の愛称で親しまれているんです。

リゾート列車「みのり」の車内は、ゆったりしており、
今度またリゾート気分で乗りたいと思いました。

雪景色の中、底冷えの野外での鍋まつりもなかなかイイものですね。
町内の人たちがみんなで参加するようなお祭りで、
田舎の町のぬくもりと素朴さが感じられた鍋まつりでした。

雪やこんこ、大雪しんしん

こんにちは。
「うまい奥の細道」の今野です。
立春も過ぎたというのに、ここ最近は真冬の寒さが続いています。

本日は、お昼前から雪がしんしんと降り続き、
あたり一面、すっかり白銀世界となってしまいました。

東京23区では、2001年1月27日以来13年ぶりに
大雪警報が発表されたそうですね。

我が社には、寒ければ寒いほど、大活躍してくれる
あのお方がいらっしゃいます。

薪ストーブ

赤々と、そして時にゆらゆらと紫帯びた焔を放つ薪ストーブ。
その幻想的な魅力に引き寄せられるように人々が集いゆったりと
心を解き放ってくれる薪ストーブはまるで「心の栄養」に満ちあふれた
暮らしのパートナー。

薪ストーブの説明を終えるや否や、私はいつものあの場所を目指します。
(もちろん、休憩の時間に)

杜のことこと家の囲炉裏

そうです。
杜のことこと家の囲炉裏の特等席です。

えっ?手前のダルマが気になります?
ですが、注目すべき場所はそこではないのです。

薪ストーブの心の栄養で満たされた私は、
窓に移る雪景色を眺めながら、至福のコーヒータイム。

春の訪れも待ち遠しいけど、
冬には冬の良さがあるのではないだろか。

例えば、鍋料理は冬の代名詞とも言えます。
冬将軍と鍋奉行は切っても切れない関係にあるのです。

そんな鍋料理のシーズンも終盤を迎えております。

当店でお馴染の鍋料理といえば、やっぱり…
比内地鶏のきりたんぽ鍋ですね。

先日は、日本テレビ!の「ヒルナンデス!」で紹介され、
「もちもちのきりたんぽが、スープの旨みを吸い、うまさも倍増!」と
柴田理恵さんがお取り寄せ主婦の代表として、解説していました。

ヒルナンデスで「きりたんぽ鍋セット」が紹介されました!

おかげさまで、今シーズンも全国津々浦々、
多くの方からご注文をいただきました。

お歳暮や内祝、お誕生日祝い等の贈り物としてもご好評いただき、
「美味しかった」「喜んでもらえました」と、多くのご感想をいただきました。

来シーズンに向けて、さらなる美味しさの向上のため、
スープの改良や増量、野菜の増量なども検討中ですので
ぜひ、来シーズンもパワーアップした比内地鶏のきりたんぽ鍋セット
ご期待くださいませ!

今シーズンも、まだまだ販売中ですので、
ご興味を持たれた方は、ぜひ一度ご笑味(ご賞味)くださいませ。


日本テレビ「ヒルナンデス!」で紹介されたお取り寄せ鍋ランキングNo.4の
比内地鶏 きりたんぽ鍋セット百笑組の鍋用野菜付き【3〜4人前】【送料無料】