Monthly Archives: 10月 2015

You are browsing the site archives by month.

栗だんご「栗久俚(くりくり)」おかげさまで、5年連続出品!「第9回 全国だんごまつり」

こんにちは。
「うまい奥の細道」の今野です。

宮城県内屈指の紅葉の名所、鳴子峡では、紅葉が見頃を迎えております。
奇岩と松の緑が点在する中に織りなす紅葉美は、数ある名所の中でも
第一級といわれる程なんです。

さて、毎年この時期になると、「うまおく」から告知しているイベントが
あるのを、皆さまはご存知でしょうか?

11月3日(祝日)文化の日といえば、勘の鋭い方はお気づきかもしれませんね。

静岡県袋井市にある「だんごの聖地」法多山に、今年も全国の名物だんごが大集合!
「第9回 全国だんごまつり」が開催されます!

「どまん中ふくろい 第9回 全国だんごまつり」ポスター

全国だんごまつり実行委員会様からポスターが届きました

 
昨年に続き、当店の宮城県・鳴子温泉名物 栗だんご「栗久俚(くりくり)」が、
おかげささまで、5年連続で出品されることになりました!
ついに出品5年目を迎えることができ、とてもとても光栄です。
 


 今年は、法多山の厄除茶だんごの他に、全国から18種類の
「名物だんご」が出店されるそうです。

各だんごは数量限定となっており、売り切れ次第終了のため、
お目当てのおだんごの店には、早めに訪れることをオススメします。

当店の「栗だんご」も、早い段階での完売が見込まれておりますので、
「ぜひ食べたい!」と言う方は、お早めにお並びくださいね。

だんごの販売の他にも、美味しい静岡大発見!、袋井どまん中市、だんごまつりステージ、
だんごのがっこう、スーパー土だんご教室、空飛ぶ教室、どうぶつふれあい広場、
サンプル食品づくり体験、だんまるスタンプラリーなどなど…
お子さんをはじめ、家族で参加できるイベントが盛りだくさん!

当日は大混雑が予想されるそうですので、時間に余裕を持ったお出かけを
心がけくださいね。

11月3日文化の日は、ご家族・お仲間そろって法多山の「全国だんごまつり」へ
足を運んでみてはいかがでしょうか。

「第9回 全国だんごまつり」の詳細は、下記をご確認ください。

法多山尊永寺 http://www.hattasan.or.jp/

百笑組の新米の発送が始まりました。

こんにちは。
「うまい奥の細道」の今野です。

ここ数日、秋めいた心地よい風が吹きわたる好日が続いております。

秋風に揺られ、波打っていた黄金の海原のような田んぼは、
稲刈りが終わると、ちょっと寂しくなりますね。

スーパーのお米コーナーでは、新米が賑わいを見せています。
テレビのニュースでも、新米の話題が取り上げられていますね。

ここで、ちょっとお米のお話を。

その昔、日本は「瑞穂の国」と呼ばれていました。

稲作の起源は、約1万年前の中国の長江(揚子江)流域とされ、
それから日本列島に稲作が伝来して、およそ三千年の月日が流れました。

現代もなお、各地では収穫祭等が開催され、賑わいを見せていますが、
稲作とともに文化や風習が伝えられてきたと考えると、とても感慨深いものがあります。

「お米一粒一粒に神様が宿る」と言い伝えてきたのも、「瑞穂の国」ならではですね。

 
さて、「百笑組」の若き生産者・千葉さん兄弟が作った百笑組のお米「むら日和」
(宮城県産ひとめぼれ)の新米の発送が、遂にスタートしました。
shinmai

百笑組のお米の生産地の大崎市鹿島台は、宮城県中部に位置し、東に鳴瀬川、
南に吉田川が流れています。

広大で肥沃な「大崎耕土」をうるおし、その豊かな土地から「ひとめぼれ」の
ブランド米が誕生しました。

千葉さん兄弟が作る「ひとめぼれ」は、お米の旨みを引き出すために、独自の自家専用の肥料や、
牡蠣殻粉末肥料を使って、環境に優しい製法で育てあげたお米です。

新米を堪能するのには、お味噌汁と漬物と、ちょっとのおかずがあれば、もう十分ですよね。
シンプルに塩おにぎりも良いかもしれません。

百笑組の新米で、食卓を家族の笑顔で囲んでみませんか?

新米おにぎり

気になる方はこちらから、どうぞ。

【27年度産新米】百笑組のお米「むら日和」宮城県産「ひとめぼれ」
http://www.umaoku.com/item_kome/kome_marusen_shin.html