新鮮な生岩ガキは、まさに海のミルクでござる


美味しいものを求めて、またまた山形の庄内に行ってまいりました。

夕飯の会食で、すっかり定番となったお店、鍋屋庄左衛門。
7月8月の陣は、「庄内オイスターバー」です。

庄内浜の天然岩ガキは、夏ガキとも呼ばれ、この季節にしか食べられない
逸品なんです。

生岩牡蠣

まずは、フレッシュ岩牡蠣をいただきました。

「う~ん、新鮮な生岩ガキは、まさに海のミルクでござる」(…ござる!?)

夏の岩ガキは、グリコーゲンをたっぷり含んでいるので
夏バテ予防、夏バテ回復の強い味方です!
岩牡蠣の鉄板焼き

お次は、岩牡蠣の鉄板焼きです。

ずっしりと大きな殻の中から、磯の香りと共に濃厚な味わいが、
口の中に広がる至福のひととき…

思わず、母なる海に思いを馳せてしまいました。
岩牡蠣のカキフライ

そしてお次は、これぞ贅沢! 究極至高の味!
岩牡蠣のカキフライです。
牡蠣好きの人には、欠かせないメニューですね。

今夜は、庄内産天然岩ガキを思う存分、堪能しました。
きゅうり漬

逸品料理で、きゅうりの漬物をいただきました。
このきゅうり、ただのきゅうりと思うことなかれ。

なんと、庄内映画村オープンセットの農村エリアで収穫された
きゅうりなんです。
庄内映画村オープンセット農村エリア

農村エリアでは、古き農村の暮らしの息吹を感じて欲しいと
映画のロケに使われた畑で、山形に古くから伝わる在来野菜の栽培に
取り組んでいます。

農村エリアは、まさに在来野菜の博物館です。
画家平野さんと、どぶろく侍

ここでしか飲めない庄内映画村オリジナルのどぶろくあります。
山形酵母を使った白いどぶろく。

その名も「どぶろく侍」。

映画「おくりびと」の題字を書いた画家の平野さんもお気に入りで、
食事と会話がすすむ絶品のお酒です。
鍋屋庄左衛門では、庄内自慢の夏味・岩ガキをはじめとした牡蠣料理や、
腕によりをかけた多彩なメニューが楽しめますので、
ぜひみなさんもご来店ください。

ちょっと気が早いですが、「9月10月の陣」も今から楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Post Navigation